フラット35審査に勤続年数は関係ある?

フラット35では、勤続年数などは審査に関係してくるものなのでしょうか。
民間の住宅ローンと比較した場合どちらがどのようになっているのでしょうか。
フラット35では勤続年数が1年未満であっても、現在の収入から換算してくれるようですので、勤続年数だけで審査に落とされるということはないようです。
民間の住宅ローンでは、勤続年数はとても大切な審査内容になってくるようですので、勤続年数が少ないけれど住宅ローンを今すぐ組みたいという人がいたら、フラット35に申し込みをするといいでしょう。
もちろん、フラット35でも職務経歴書などや、給与証明書は必要となってきますので、申し込みをするときにはきちんと用意しておくといいかと思います。